Booty広報部

第2回 キユウ さん

2015年2月5日

キユウ さん

▼ CN
キユウ さん

▼ 活動地域
関東

▼ URL
http://www.cosp.jp/prof.aspx?id=149794

▼ Twitter
https://twitter.com/kiyu_1221

Q1 コスプレを始めたきっかけは?


当時家庭の事情で落ち込んでいた友人に何して遊びたい?と聞いたところ
「コスプレ!」と言われてはじめました。
その後彼女はすっかり元気になりましたし、私もすっかりこの世界に魅了されました。
コスプレすごいです(笑)

Q2 コスプレをする際のこだわりはありますか?


メイクよりどちらかというとキャラの全身バランスとシルエット表現、
ポージングに重点を置いています。
頭身の低めの幼いキャラをする場合にはウィッグをかなり増毛したり、
逆に高身長のキャラの際には肩パッドだけでなく、体にマットを仕込む、
などしていますし、既成の衣装を使う時はほぼ必ずサイズ調整します。

あと一番悩むのが方向性で、ナチュラルメイクなのにポリゴンのようなウィッグセットと
シルエット強調したテカテカ生地のコミカルな衣装だと浮いてしまったりするので、
作品によってメイクとウィッグセット、衣装の質感や形などのバランスを考えるようにしています。

Q3 撮影後のレタッチに関するコツやアドバイスがあれば教えてください。

私もうまくいかないのでお聞きしたい!(笑)
ソフトはフォトショプCS6でまだRAW現像から、という知識はありません。
ペンタブもないのでマウスで修正している程度なのですが!
ほぼ独学でちょこちょこレイヤー仲間に聞いたりしては試してみる、という感じです。

レタッチの際に気にしていることは2つで、ひとつはコスプレはどうしても人物中心なので、肌感が重要だと思います。
毛穴や陰影をリアルに出した方がいい作品と、二次元的な肌の質感がいい作品を原作絵で判断しています。
もうひとつはカメラマンさんとは要相談だと思いますが、
撮影時には表現しきれないその作品の色彩、彩度、陰影の濃さに近づける、
切り抜いたりなどで原作のカメラワークに近づけるなど
(この人の作画は人をこの位置から描くことが多い、人の顔のサイズが画面のどのくらいの大きさで入ることが多いなど)するとその作品っぽさが出る気がします。

Q4 過去のコスプレ生活の中で、困ったエピソードはありましたか。


エピソードとは違うかもしれませんが、
着ぐるみなどのかぶりものや造形物とその作成道具など、やはり自宅の収納にはいつも困ってます。
あと、男装が多いので眉毛がない!(笑)
職場の温泉旅行などで困ります・・・周りには不思議な人と思われているに違いありません・・・。

Q5 Bootyのレンタル品で今後使ってみたい物はありますか。

撮影用の小道具がとても充実されていらしたので、いろいろとお借りしてみたいです。
スタジオに行ってみてから「ああ、こういう小道具あったらなあ」とか
「このブースの感じこれを撮ってみたい!」など私は結構いきあたりばったりなところがあるので(笑)
急な思い付きなどに対応できる小道具レンタルがありがたいです。
ごっつい武器とかテンションあがりますね。

Q6 今回Bootyで遊んでみた感想を教えてください。


まずVIPルームの快適さ!

このお値段で本当に素晴らしいです。
かさばる衣装や装着が難しい衣装の方には本当にお勧めです!
仲間と貸切状態で気兼ねせず使えるので、毎回申し込んでしまいます(笑)

そしてスタジオ内装、設備などどんどん進化していて、試したいことがたくさん!
今回初めてスチームパンクと墓場で撮影しました。
どちらもとても細かいところまで作りこまれていて、小物もリアルですし、
照明からできる影も予測されて作られていて、すごく奥行きある写真が撮れました。

私は身長が高い方なので、どうしても室内スタジオだと天井がネックになるのですが、
上部までしっかり作られていたので、いろいろな角度から撮影することができました。
やや暗めではありますが、逆にストロボ効果なども狙いやすいのではないでしょうか。
光を回すための多灯の必要なく、計算された照明に効果的に自分の照明をあてれば面白そうで、
今度はカメラマンとしても遊びに来たいと思いました。

この日は3着用意したのですがとても魅力的なブースで撮ってみたいものが多すぎて、
3着目は着替えることなく終わってしまいました(笑)
またぜひ撮影させていただきたいと思います。

Q7 どこに行けばキユウさんにお会いできますか?また、出演や関連される企画等があれば教えてください。

都内のイベント、即売会などかなりあちこちに参加しています。
またアニメ・ゲーム関係のフェスティバルにも年に数回、
コンパニオン参加していますので見かけたら気軽に話しかけてくださいね!

インタビューの一覧へ戻る